スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

窃盗事件簿④

第四話「狂気の沙汰ほど面白い」





盗らマツ・・・いやトラマツ少年の心はボッキボキに折られた。



そりゃそうでしょうよ・・・
2ヶ月前に50マソ。
で、今45マソ。



計95マソ・・・



庶民としてはかなりの記録ではなかろうか。
2回でほぼほぼ100マンエン。
盗られンピックでもあれば、優勝だぜっ!




前回で耐性がついたのか、この出来事を受け入れることはすぐに出来た。
素人にはこれがなかなかできない。
これが俺と素人との違いだ!



そんなわけでカウンターにて、盗難にあった事実を伝え、
110番通報してもらった。



警察が来たとこですぐに解決するわけではないのだけど
ここで警察とはもはや神様を待ってるような気分。



10分ほどだったかな。
心で座禅を組んで神を待った。
今なら僧侶になれそうだよ。



この時間でなんともいえない気分がこみ上げてきた。




すさまじい左フックがレバーを直撃したような気分。
・・・分かりにくい?w
レバー(右わき腹)キまるとめちゃめちゃ苦しいんすよ。



いくら盗られプロの俺でも今回は効いた・・・。
正直、前回の何倍もキたな。



前回は、
「高い授業料だったけどもうこんなことは2度とないから」
ということで気持ちを落ち着かせたんだよ?



ところが。
僅か2ヶ月後にもう一回ヤラれてるしーーーーーー!(語尾上げ)



これで、前回なんとかかわした右ストレートが
今回の左フックと同時に飛んできやがった。



これはかわしきれない。
ダブルで喰らった俺は、もうダウン寸前・・・
「立つんだ!ジョーーーーー!!!」




無理だって。真っ白ですから。



そんな中、やっと神様が到着。
神様は頼りなさそうなおっちゃん二人。



ん?
なんかイメージと違うな・・・



続く…


窃盗事件簿③

第三話「鬼畜の所業」





23:30
ついに問題の場所に足を踏み入れた。
何もなければ楽しくマンガを読んでくつろげる場所なのだけど。


入り口で免許証を見せ、会員証を作った。
たしか、免許証のコピーも撮ったはずなんで
だいぶ安心感が増す。


少し寝ることも考えて個室の部屋を選んだ。


マンガ数冊とソフトクリームを持って部屋へ。
なんの本だったかなぁ。
「カリスマ」っていう、マニアックなやつだったと思う。
(偽宗教の教祖の話で面白いよ。)



3:00
普通にマンガ読んで、ブログもたしかここから更新して
だんだん眠くなってきた。


この頃には、個室ってことと会員証を作ったこと、
マン喫の落ち着いた雰囲気でかなり警戒心が薄れていた。



6時に起きるつもりで少し寝ようと横になった。
けっこう神経質なんで、こうゆう場所で寝る時は
耳栓とマスクは欠かせない。



では、おやすみなさい。。。




しっかり熟睡したと思う。
携帯のアラームが鳴る前に目が覚めた。


5:30
起きてすぐに違和感を感じた。
すぐ隣に俺の財布が転がってる。




は???





??????????????????



寝起き良い方じゃないのも重なって
頭の中が????だらけになった。




前回の事件があったので財布は上着に包んで奥に置いたはず。
すぐに猛烈にイヤな感覚が全身を走った!




財布を持ち上げると・・・




軽い・・・。



すぐに分かるあの感触。
2ヵ月前と同じ。




すぐに分かったが財布を開けると・・・
1000円しかない・・・・




ああ、そうか。
入り口で45マン支払ったんだっけ。



・・・・・・



・・・・・・



・・・んなわきゃないので、また窃盗確定した瞬間でアリアス。
ちょっと前に窃盗に遭ったばっかりやで!?
1クール単位で金盗られるんかいっ!



この時まず考えるのは、何かの間違いじゃないのか?ってこと。
車に隠してたとか、実はお金入ってたのは夢だったとか・・・
無理やりいろいろ考えたけど、残念ながら現実で起きてることが真実。



こんな悲劇が何回も起きるのか・・・?
ホントに泣きそうになってきた・・・



1000円だけ残ってたのはどうゆう気分なのか?
情けでもかけたつもりだろうか?



前回のやつはちゃんとごっそり持ってったぞ。
今回はさては甘ちゃんだな!?
という考えも盗られ慣れた俺だからできる。






・・・・・・マジで死ね!俺!



頭がぐにゃんぐにゃんになった。
カイジとかでよくある「グニャ~」ってあれ本当だわ。



と、とにかく警察を呼ぼうと部屋を出た。
空の財布をしっかりと握り締めて・・・



続く…

窃盗事件簿②

第二話「修羅の門」





前回の事件が12月。
そして今は2月。


もうすっかり傷も癒えて、ガツガツ稼働してたこの時期。
年が変わったこと、稼働に没頭できたことですっかり元気なトラマツ少年。
まだ2ヶ月しか経ってないのにね。


2月某日。
アテにも少し困ったのと、行動範囲を広げる意味でも
自宅から2時間ほどの場所を下見。
どうやら明日は旧月一イベントらしく、イベント規制中の今でもその日は期待出来るらしい。


下見当日はガチガチだったこともその期待に拍車をかけた。
これは経験上だけど、イベント前は締まれば締まるほど期待出来る。
まぁ当然だけど。



というわけで明日はこの店で打つことに決めた。
決めてしまった。


22:00
朝は早めに並ぶことにしたので、これから帰ってまた、朝起きるのもつらい。
どこかに泊まっていくとしよう。


ところがけっこう田舎なので周りになんもない。
ビジネスホテルがあったけど、それなら車中泊するよ、
という変にケチった考えで他を探すことにした。


ホントに懲りてるのか!?こいつ。



とりあえずマンガ喫茶が数軒あったんでその中で探そう。
ここで前回のトラウマが頭をよぎったのか
なるべく綺麗なところ、会員制で素姓の分かる場所を選んだ。


この時の所持金が、たしか45万ちょい。
実はこの日の数日前に6万発だったか7万発だったかの
僥倖が炸裂してお財布がパンパンになっていた。


普通はここで入金するよね。
かなりオカルトなんだけど、俺はなるべくお金を持ちたがる。
なんかその方が調子が良い気がするんだよねw


ダメだ…こいつ懲りてねーや!と思われた方。
正解!



そう!懲りたようで懲りてなかったのね。
実際、マン喫の目の前にコンビニATMがあったけど
ガン無視でマン喫に行きましたので・・・



そんなわけでついに修羅の門をくぐった俺。
その先に待ってるのは鬼か仏か…
案外そこに座っているのも人かもしれない…っ!


続く…

窃盗事件簿①

第一話「のど元過ぎれば熱さを忘れる」





去年の年末に、サウナで爆睡してる間に鍵を盗まれロッカーから50マソ盗まれるという、それはそれは悲しい事件があった。



かなりへこんだけど立ち直りの早い俺は、そんな大金持って大衆が集まる場所に行った自分が悪い!と思うことでこの事件のことは「今後同じことを繰り返さない教訓」として片づけた。



ちなみに、この時は繁華街&人の特定がかなり難しいということで捜査そのものが行われなかった。(と思う。)
どうにか諦めるよう説得され、派出所をトボトボ出た覚えがある。



その時は、そのうち捜査してくれて、たまたま犯人が見つかっちゃったりするんじゃね!?とか少し思っていたけど、その後なんの連絡もないので恐らくそのまま放置なのでしょう。



これにも驚いた。
被害届を書けばその後捜査しなければいけない、とか勝手に思ってたけど被害届を書いて終わりってこともけっこう多い感じがした。




繁華街なんかは被害届一件一件付き合ってるほど暇じゃないんでしょうね。




お金に関して、たまたま勝ちが続いて稼働出来る店も多かったんで、入金する暇なくこんなにお金があったけど、いつもこんなに入ってる訳じゃないんでこれはホント運が悪かった。
まぁ、こんなこと2度とないでしょ・・・



って普通は思うよね。
ってか、普通は何度もこんなことは起きないんだよ。



この甘い考えが心の隙間となったのだろうか。
この事件から僅か2ヶ月後・・・



あまりにバカバカしくて
ブログにも書けなかった事件が起きてしまう。



これはその時の悲しいお話。
この話マジです!



続く…

プロフィール

トラマツ

Author:トラマツ
ようこそ☆

パチンコとスロットが好きです。
この気持ちは勝ちに徹する中でも持ち続けたい。ってことで、パチンコ生活とパチンコ必勝ガイド少々の収入で生きてます。
夏に向けて筋トレ頑張るぞ!

ツイッターもよろしく↓↓↓↓↓↓↓↓↓
ツイッターへ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
リンク
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
カウンター
ランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。